群馬県 赤城山 大沼、覚満淵 ハイキング

群馬県前橋市にある赤城山(大沼、覚満淵)に軽いハイキングに行ってきました。

8月後半は夏とは思えないような天気が続いていましたが、この日の赤城山山頂付近は快晴で、心地よい温度と風で本当に爽やかな日でした。

スポンサーリンク

赤城山 大沼

赤城山の車で行ける最高地点である大沼は、前橋市から30分くらいで行ける気持ちのいい場所です。今回、訪れた日は平日でしたが、大沼はいつ訪れても空いている印象です。

何台か停まっていましたが、ガラガラで好きなところに停め放題です。
赤城山 大沼の駐車場

大沼周辺には、いくつかのお土産屋さん兼食べ物屋さんがありますが、どこもお客さんが少なくて心配になってしまいます。曜日やシーズンによってはたくさん人手があるのでしょうか。
赤城山 大沼周辺のお土産やさん

大沼は、標高1335mにあって、この日の気温は19度くらいだったと思います。1周歩くと90分くらいかかるそうですが、私たちは駐車場付近から湖面を眺めただけでした。
赤城山 大沼

水はとてもきれいで、触ってみると意外と冷たくありません。
赤城山 大沼

普通のボートの他、足こぎボートもあり、一台1500円だそうです。
赤城山 大沼のボート

赤城山 大沼のボート

赤城山 大沼の桟橋

大沼には赤城神社もあります。わかりにくいですが、写真中央に赤い神橋が見えます。近くまで車でも行けますが、写真を撮ったところから歩いても15分くらいで行けます。
赤城神社 神橋

赤城山 大沼

群馬県前橋市富士見町赤城山

レークセンター赤城(昼食)

昼食はいくつかある食堂の中から、「天然きのこ汁」の看板にひかれてこちらのお店へ。
レークセンター赤城

お土産やさんの中に食事コーナーがある感じです。

私が頂いたのは、赤城そば(山菜そば)(700円)ときのこ汁(250円)。きのこ汁には、あみたけ、ならたけ、地なめたけの3種のきのこが入っているそうです。
レークセンター赤城 赤城そば、きのこ汁

こちらは、天ぷらそば(700円)ときのこ汁。
レークセンター赤城 天ぷらそば、きのこ汁

どちらのおそばもそれなりに美味しかったし、きのこ汁は赤味噌仕立てで美味でした。

レークセンター赤城

群馬県前橋市富士見町赤城山5

9:00~16:00

定休日:なし(不定休)

027-287-8411

スポンサーリンク

覚満淵

昼食後、大沼から車で5分の覚満淵へ移動しました。

覚満淵は「小尾瀬」と呼ばれていますが、尾瀬のような湿地帯というよりは、「きれいな小さな沼」といった方がいいかもしれません。
覚満淵看板

こんなにいい天気なのに、駐車場はガラガラでした。もっと首都圏近くだったら混雑していてもいいくらいに素晴らしいところなのに・・・。
覚満淵駐車場

覚満淵入り口。ここの他にもいくつか入り口があるようです。
覚満淵入り口

覚満淵案内板

鹿侵入防止網をくぐって入ります。
覚満淵 鹿侵入防止網

入り口から5分も歩けば沼に出ます。
覚満淵への道

覚満淵は、沼の周りをぐるっと1周できますが(30分くらい)、半分は沼が見えず、草の中を歩いているだけなので、私たちは半分行ったところで引き返してきました。草の中の道は木道ではなく、雨の後などはぬかるんでいるようです。
覚満淵案内図

沼に出ました。
覚満淵

覚満淵

覚満淵

この日は爽やかな風は吹いていましたが、湖面に波はそれほどなくて、対岸の山が湖面に映り込んでいました。
覚満淵

覚満淵

覚満淵

晴れていると、沼の色も、山の色もとてもきれいです。
覚満淵

覚満淵

りんどう?
りんどう

覚満淵

覚満淵

覚満淵

沼から離れて行くと、この先で木道がなくなります。
覚満淵

覚満淵

帰り道。木道はところどころで斜めになっていたり、一部板が抜けていたりしていました。
覚満淵の木道

ススキ。すがすがしい空気とも相まって、秋を感じます。
覚満淵のススキ

沼の水深は浅く、50cmくらいに見えました。
覚満淵

覚満淵

覚満淵は近くにあったのに、今まで一度も来たことがありませんでした。
今回、天気がよかったこともあり、思いの外いいところで驚きました。
木道で出会ったカメラマンの方によると、落葉樹が少なく紅葉はあまりきれいではないそうです。
朝5時くらいの大沼からの霧がかかった時が幻想的で撮影にはいいとおっしゃっていました。

覚満淵

群馬県前橋市富士見町赤城山

9:00~16:00

ビジターセンターにバスの停留所あり
(1日5本くらい???)

旅行日:2015年9月4日 金曜日

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。