茨城県 袋田の滝・竜神大吊橋・国営ひたち海浜公園 日帰り旅

今回の旅は、

群馬県→上河内サービスエリア(朝食)→月待の滝→道の駅 奥久慈だいご(休憩・軽食)→袋田の滝→竜神大吊橋→大洗 寿司店 栗崎屋(昼食)→国営ひたち海浜公園→常陸太田市 手打うどん いづみや(夕食)と巡った日帰りの旅です。

スポンサーリンク

上河内サービスエリア(朝食)

群馬県を出発し、北関東自動車道から東北自動車道(下り)に入って、上河内サービスエリアで朝食休憩をとりました。到着したのは7時30分頃です。

駐車場は満車ではありませんでしたが、7割程度埋まっていました。
上河内サービスエリア

私たちは、天ぷらそば を注文しました。普通のお味です。
上河内サービスエリア 天ぷらそば

宇都宮が近いこともあり、餃子のお店もありました。
上河内サービスエリア内

上河内サービスエリア(下り)

24時間営業
栃木県宇都宮市今里町金山1149

月待の滝

この日の最初の目的地は、月待の滝 です。9時30分頃到着しました。

月待の滝は、大生瀬川(久慈川支流)にある高さ15メートルの滝です。

月待ちというのは、二十三夜の月の出を待って女性が集まる二十三夜講の場となったことから名付けられたそうです。

月待の滝駐車場。平日朝のためか他には誰もいません。無料です。
月待の滝 駐車場

駐車場から100mほど登っていくと滝への入り口が見えてきます。
月待の滝 駐車場からの道

月待の滝への入り口。
月待の滝入り口

入り口からは下り坂を下りていきます。
月待の滝入り口からの下り道

滝が見えてきました。手前にはもみじ苑という滝を見ながら食事ができるお店があるのですが、まだ開店していませんでした。月待の滝

月待の滝です。写真の印象よりも実際は大きく感じます。
月待の滝

滝の下の降りて、滝の裏に行くことができます。そのため、月待の滝は「裏見の滝」や「くぐり滝」と呼ばれることもあるそうです。
月待の滝裏への降り口

裏見の滝

川への降り口もあって、反対側に渡ることもできます。個人的には反対側から見た滝の方がきれいに見えました。
月待の滝 川への降り口

反対側から下流を見たところです。
月待の滝 下流

月待の滝は、(私たちが訪れた時は)静かで、滝のすぐ近くまで行くことができて、いい場所なのですが、やや臭い感じがしました。ですので、まったくの手つかずの清流というわけではないのかもしれません。その点だけが少し残念でした。

月待の滝

茨城県久慈郡大子町大字川山

道の駅 奥久慈だいご

道の駅 奥久慈だいごは、次の目的地の袋田の滝に向かう途中にたまたま寄りました。

駐車場は77台分あるそうです。
道の駅 奥久慈だいご

鮎の塩焼きが売っていました。道路を挟んで反対側に流れている久慈川で採れたものだそうです。
道の駅 奥久慈だいご 鮎の塩焼き

とっても肉厚で、最高に美味しかったです。
道の駅 奥久慈だいご 鮎の塩焼き

道の駅 奥久慈だいご

茨城県久慈郡大子町大字池田2830番地1
0295-72-6111
営業:物産館:9:00-18:00
   温泉浴場:11:00-20:00(大人500円)
   レストラン:11:00-18:00
駐車場・トイレ・公衆電話:24時間
休館日:毎月第1・第3水曜日、12月31日、1月1日

袋田の滝

袋田の滝に到着したのは10時30分頃でした。

滝のすぐ近くにも駐車場がありましたが、「いかにも」という感じでお店の人が呼び込みをしていたので止めて、戻って少し離れた場所にある駐車場に停めて、そこから歩いて行きました。
袋田の滝 駐車場からの道

途中から商店が並ぶ通りに出ました。右側には川が流れています。
袋田の滝近くの商店通り

この坂を登ると左手が券売所です。
袋田の滝券売所前

袋田の滝は「つり橋」「第一観瀑台」「第二観瀑台」と、三カ所の見学するポイントがあります。
袋田の滝案内図

滝へのトンネル入り口
袋田の滝入り口

トンネルの中
袋田の滝トンネル

1つめの見学ポイント、つり橋。
袋田の滝つり橋

つり橋からの袋田の滝
つり橋から袋田の滝

左上に第一観瀑台が見えます。
つり橋から袋田の滝

第一観瀑台手前
袋田の滝第一観瀑台へ

第一観瀑台からの袋田の滝。正面から見上げる感じです。想像よりも規模が大きくて圧倒されました。
第一観瀑台から袋田の滝

右下にはさきほどのつり橋
第一観瀑台からつり橋

第一観瀑台の様子
袋田の滝第一観瀑台

第二観瀑台はかなり上の方にあるため、エレベーターを使います。
袋田の滝 第二観瀑台へのエレベーター

第二観瀑台に到着
袋田の滝第二観瀑台

第二観瀑台は三段構成になっていて、これは最上段。
袋田の滝第二観瀑台

正面から見下ろす感じで、全景を見ることができます。
第二観瀑台から袋田の滝

袋田の滝

茨城県久慈郡大子町袋田3-19
0295-72-4036
営業時間:9:00-17:00(5月~10月までは8:00-18:00)
     ※ライトアップ期間は19:00までらしいです(詳細不明)
大人300円、子供150円
無休

スポンサーリンク

竜神大吊橋

竜神大吊橋は、常陸太田市にある長さ本州一(375m)の歩行者専用吊り橋で、ダムの湖面からの高さは100mあります。

吊り橋に着いたのは11時50分頃でしたが、まったく混んでいませんでした。

吊橋入り口。ご覧のようにがっちりとした塔で支えられているので、吊橋というよりは、道路 といった感じです。ほとんど揺れませんでした。
竜神大吊橋入り口

橋の上は風が強かったですが、とても爽やかな場所で気に入りました。いくつかガラスで下が覗けるようになっている部分があって、そこはなんとなく避けてしまいました。
竜神大吊橋

吊橋の上から下を覗いたところ。さすがに100mは高い!
竜神大吊橋からダム湖

橋の真ん中あたりからは、竜神バンジーができるそうで、私たちは挑戦しませんでしたが、やっている人がいました。恐ろしーーー。
竜神大吊橋からダム湖

反対側から全景
竜神大吊橋全景

竜神大吊橋

茨城県常陸太田市天下野町2133-6
0294-87-0375
8:30-17:00
大人310円、子供210円
駐車場265台(無料)

大洗 寿司店 栗崎屋(昼食)

大洗町に移動して、栗崎屋というお寿司やさんで少し遅めの昼食をとりました(13時30分)。

ランチは確か14時までだった気がするのでギリギリセーフ。他にお客さんはいませんでした。

大洗 寿司店 栗崎屋

にぎりにしようか迷いましたが、私たちが頼んだのは「特選 海鮮丼」1500円。
非常に旨し! 大洗まで来た甲斐があったー! 海無し県の群馬では、この値段でこの海鮮丼は食べられません。この辺りに住んでいる方がうらやましいなあ。
栗崎屋 特選海鮮丼

大洗 寿司店 栗崎屋

茨城県東茨城郡大洗町大貫町531
029-266-3355
11:00-21:30(ラストオーダー21:00)
不定休(月に1~2日程度の定休有)
クレジットカード使用可能
駐車場25台

国営ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園は初めて訪れたのですが、今回の旅の中でもっとも気に入った場所です。
もし近ければ月に1度は行きたいと思いました(春から秋まで)。

広々としていて、自転車移動が気持ち良くて、景色が良くて、事前に考えていたよりもずっと楽しかったです。

私たちが着いたのは14時過ぎでしたが、ぜんぜん時間が足りませんでした。朝から1日かけて回りたかった。

何せ広さは190haもあるそうで(現在開園している部分)、最終的な面積は350haにもなるんだそうです。
190haと言われてもピンときませんが、東京ドームが約5ha、金沢の兼六園が11ha、浜離宮が25haだそうですから、いかに広いかがわかります。

私たちが車を停めたのは、海浜口駐車場。他にも南駐車場と西駐車場があり、海浜駐車場もかなり広いと感じましたが、他の2つはもっともっと広いようです。

国営ひたち海浜公園 海浜口駐車場

公園内はとても広いので、自転車をレンタル(3時間310円)するか、シーサイドトレイン(1日500円)という乗り物に乗るのが実用的です。私たちは自転車で回りました。
国営ひたち海浜公園 レンタサイクル

歩行用の通路と自転車用の通路が明確に分かれているので、事故の危険性も低くなっていて、とてもサイクリングしやすい構造になっています。

最初に向かったのは、みはらしエリアの「みはらしの丘」
国営ひたち海浜公園 みはらしの丘

国営ひたち海浜公園 みはらしの丘

コキア という植物が一面に植えてあってとっても綺麗なところです。紅葉の時期にはすべてのコキアが真っ赤になるそうです。
国営ひたち海浜公園 みはらしの丘

みはらしの丘は高台なので、海も見渡せます。
国営ひたち海浜公園 みはらしの丘

写真の奥の方に、遙か遠くに見える観覧車も公園内です。広さに驚き!
国営ひたち海浜公園 みはらしの丘

続いて向かったのは、樹林エリアにある「ひたちなか自然の森」。自転車専用道路は、写真のように、場所によっては右回り用と左回り用が分かれています。
国営ひたち海浜公園 樹林エリア

木道が整備されています。すごく広いので全ては回りませんでした。
国営ひたち海浜公園 ひたちなか自然の森

西口エリアにある「たまごの森」
国営ひたち海浜公園 たまごの森

西口エリア 西池の噴水
国営ひたち海浜公園 西池

国営ひたち海浜公園 西池噴水

草原エリアの「大草原」。そのまんま。時間があればゆっくりしたかった場所。
国営ひたち海浜公園 大草原

プレジャーガーデンエリアの大観覧車
国営ひたち海浜公園 観覧車

乗って上から公園を見たかったけど、時間がなくて残念。
国営ひたち海浜公園 観覧車

砂丘エリア。海の見える丘に登ってます。
国営ひたち海浜公園 砂丘エリア

海の見える丘に到着。他に誰もいない
国営ひたち海浜公園 海の見える丘

国営ひたち海浜公園 海の見える丘

海が見渡せて、風が心地よくて、最高に気持ちいい
国営ひたち海浜公園 海の見える丘

国営ひたち海浜公園

茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
029-265-9001
開園時間(26年度)
 3月1日~7月20日  9:30-17:00
 7月21日~8月31日 9:30-18:00
 9月1日~10月31日 9:30-17:00
 11月1日~2月28日 9:30-16:30
休園日
 ・毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は翌日の火曜日)
 ・12月31日、1月1日
 ・2月の第1火曜日からその週の金曜日まで
※以下の期間は毎日開園
 3月26日~5月31日
 7月21日~8月31日
 10月1日~10月31日
 12月25日~12月30日
大人410円、子供80円
駐車場510円

常陸太田市 手打うどん いづみや(夕食)

夕食は、少し足を延ばして、常陸太田市の いづみや さんに来ました。17時40分頃。

駐車場は少し離れたところに、数台分?ありました。私たちの他には常連と思われるお客さんが何名かいらっしゃいました。

手打うどん いづみや

いづみやメニュー

私たちた注文したのは、肉南うどんとカレー南うどん。どちらもうどんのコシが強くて、汁の味も美味しくって、しかも安い。近くにあったら頻繁に通ってしまうお店です。

いづみや 肉南うどん

いづみや カレー南うどん

常陸太田市 手打うどん いづみや

茨城県常陸太田市馬場町508
0294-73-0342
11:00-20:00
木曜定休

旅行日:2014年9月30日 火曜日

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。